2017/02/25 11:28:25 | puzzle

私は、15年ほど前、体調を崩し仕事を休まざるを得なくなりました。貯えもないまま突然収入がなくなり、仕方なく消費者金融のカードローンを利用することにしました。当時は、上限金利が29.2%でしたので、25〜27%くらいの金利で借り入れしていたと思います。
幸い、2〜3か月で仕事復帰することができ、滞りなく借金返済を続けることができましたが、先のことを考えると、やはり金利の高さが気になっていました。
そんな中、銀行系カードローンが登場し、今までよりだいぶ金利が下がることを知り、すぐに借り換えをすることにしました。それでも利息18%、仕事復帰したとはいえ、多くを返済に回すことができず、完済までだいぶ時間が掛かったと思います。
その後も、クレジットカード系のローンを利用する機会がありましたが、借金返済することの大変さが身に染みていたので、できるだけ早く返済するように心がけました。
現在、法律の改正により、過払い金請求を盛んに勧める傾向があります。それによって、経済的にどうにもならない人が救われるのは良いことだとは思います。現に、身内や知人の中にもそういう経験をした人間がいます。当時は今のように電話一本で手続き完了というわけにはいかなかったので、会計事務所に知人と同行し、後日、過去の過払い金で借金残高を減額することができた時は、本当に助かりました。
ですが、15年前の私が、親や周りの人に一切、迷惑や心配をかけずにピンチを切り抜けられたのは、やはり消費者金融や銀行系のローンのおかげであるとも思っているので、仮に自身に過払い金請求の権利があったとしても、請求は控えたいと考えています。

2017/02/08 16:13:08 | puzzle

借金は、別に悪いことではありませんが、返済能力以上の借金をすることは、悪いことです。
できるならば、借金をしないに越したことはありませんが、住宅や自動車のような大きな買い物になると、ローンを組むのが普通でしょう。
問題なのは、日常の生活費やギャンブル等による借金なのです。
最初は、軽い気持ちで友人やキャッシングから、数万円借ります。
これは、全然返済する事が怖くないです。
だから、問題はありません。
しかし、それが繰り返されるようになると、返済能力を超えてしまいます。
だいたいそういうケースは、ギャンブルで返済すると思ったり、もうすぐ浪費を止めるからと思いながら、止められなくなるケースです。
銀行ローンや消費者金融がお金を貸してくれなくなると、親戚や友人、消費者金融でお金を借りるようになります。
そして、自己破産に向かいます。
勿論、保証人がいる場合は、その保証人が、全てを建て替えます。
他にもキャバクラやホストで浪費してしまい、借金地獄になる人もいます。
こういう人々の特徴は、依存症になりやすく、また、虚栄心に満ちた人です。
お金を使っている時は、本当に楽しいというか満たされている感じでしょう。
しかしながら、それらのお金は、借金であり、返済する必要があるのです。
麻痺した感覚に陥り、浪費する幸せで麻痺してしまうのです。

そして、後に自分が困ります。
まとめると、計画性がない人とか意志の弱い人が、借金地獄になるのだと思います。